投資は全て自己責任

貧乏FX投資家の私は毎日朝から晩まで自由な時間は投資の為に使っていますが、その多くはラジオ、ネット、テレビです。新聞も読んだ方が良いのですがなかなかそこまで出来ません。

基本的に全部の情報を耳に入れるようにしていますがどんな情報もはっきり言って信じていません。

しかし唯一信じているのはトランプ大統領のツイッターでの発言です。内容が良い悪いではなく本人の意見を最初から最後まで全部見ることが出来るからです。英語だから何言ってるかわかりませんが。

当たり前ですが新聞、テレビ、ラジオはそれぞれ企業の思惑があり、嘘は言ってないにしろ自分に取って不利なことは極力言わないものです。編集次第で視聴者に与える影響はかなりかわってしまいます。

メディアから入ってくる投資に重要な材料は全て色々な思惑が織り込まれた情報ばかりです。

そんな情報を信じて投資をしていると右へ左へ流され最終的には自己資金を失うことになります。

今私はFX投資を休んでいますがそれには独自の理由があります。はっきり言ってFX投資は負けるからです。負けるのがわかっているのに勝負するわけがありません。

でもつい最近まではそれすらわからずにただ何となくFX投資をして苦労して稼いだお金を失っていました。私が失ったお金がどこへ行くかというと自分と逆の取引をした投資家へいくのです。でも負けた理由は簡単です。

負ける理由は「何となく取引する」

FXはゼロサムといって全部のパイは決まっているのでその中で誰かが損をすれば誰かが得をするだけの椅子取りゲームです。

なんか円高になってきたからそろそろ上がりそうな気がするとか、もうこれ以上下がらないだろう、は危険です。値頃感で売買することです。下がるのにも上がるのにも理由があり、その理由が解消されなければいつまででもとちらかの方向に進みつづけます。

勝つためにはチャンスを待つ。それだけ

FX投資に慣れてくるとよくあるのがポジポジ病です。特にチャンスが無いのにいつでも売買をしてしまう病気のことです。パチンコで言うギャンブル依存症です。これを辞めればかなりの確率で勝つことが出来ます。これを辞める方法はもっと楽しいことを見つけることです。

その答えがこのブログです。もうFXをする時間がありません。そもそも最近特にチャンスがなかったので売買をしない方が正解だったのです。勝つこともありませんが負けることもありません。

もしこの「貧乏FX投資家の趣味と副業のブログ」を始めていなかったらFX投資で意味の無い売買を繰り返して負けていたでしょう

だんだんとゼロリスクハイリターンの効果が出てきました。もちろんFX投資を辞めたわけではありません。今はもう少し円高方向へ動いたらドル買いを入れたいと考えていますが今は様子見です。

来たるべきチャンスへ備えいつでも動けるように準備だけは怠らないようにしたいです。