コンビニでポイント還元は得?でもコンビニへ行かないのが一番得

こんにちは。ツトメンです。

世界的に金利が低下、減税傾向の中我が国日本だけはその逆で今年の10月からいよいよ消費税増税が導入されます。

先日コンビニ大手3社が、政府が実施するキャッシュレス決済時のポイント還元を値引きする形で対応するというニュースを見ました。

つまり電子マネーなどの支払時に面倒な手続きなしでその場で値引きをするという消費者に嬉しいニュースです。でももっと得する方法はコンビニへ行かないことです。

コンビニへ行かないことが最大の得する方法

理由はコンビニの商品は基本的に割高な商品が多いからです。最近は各社オリジナルのお手頃な価格の商品も増えてはきていますが基本的にはスーパーなどに比べて割高な商品が多いです。コンビニへ行った時点で損です。

それでもいつもコンビニが賑わっているのは商品の割高以上に便利だからです。いつでもコンビニへ行けば何でも買うことが出来る。スーパーやドラッグストアーへ行けば同じ物が安く買うことが出来るがすぐ近くにないし店は大きいし買うまで時間が掛かる。

コンビニを利用するということは時間をお金で買っているわけです。ちなみに料金の払い込みとかのサービス関係は別です。あれはかなり便利です。

仕事は時間を売ってお金を買っている

これは雇用されている仕事に関しての事です。私たちが雇用主からお金をもらえるのは自分の大切な時間を売っているからです。

雇用主から与えられた仕事を自分の時間と引き換えに消化してお金をもらいます。

仕事で時間を売ってコンビニで時間を買う

これは結構無駄です。時間を売っているのに時間を買うのはちょっと意味がないです。

コンビニへ行かないような生活を目指す。

最終的に何が得かというとコンビニへ行かないような生活を送る事です。

例えば仕事が忙しくて残業すごすぎて毎日コンビニ弁当だったら転職するか業務改善する。休日を利用して食材をスーパーで確保しておく。時間に余裕を持って行動する。など改善策は結構沢山あると思います。

その結果金銭的にも時間的にも人間的にもプラスになることばかりです。ちりも積もればなんとやらで毎日コンビニコーヒーを2杯飲んでいる人も自分で保冷カップ持ち歩けば年間で6,7万円位の節約が可能です。

毎日コンビニで800円位使っている人が工夫して同じ物を300円位で調達すれば年間184,000円位お金が貯まります。馬鹿にならないでしょ?

コンビニは利用者になるのではなく店舗の経営者になるのではなく本部の会社に就職する位がまともな利用方法だと私は思います。