投資を始めるのに専門知識は不要。それより好奇心が大事。

私は子供の頃から勉強が嫌いで常に成績は学年の中でもワーストクラスでした。ほんとうに勉強をしてこなかったので38歳になった今でも知らないことばかりでです。

今考えれば投資に興味があるなら社会の勉強をもっとしていれば良かったと思います。でも過去を悔やんでもしょうがないので毎日これからのことしか考えないようにしています。

FXや株などには大きく二つの投資手法があり、一つは世界の政治や自然災害や会社の決算や中央現行の指標発表などを分析して投資をする「ファンダメンタル分析」、もう一つはローソク足や移動平均線などのデータを元に今後のチャートの動きを予想する「テクニカル分析」です。

なんだかいかにも頭の良さそうな人がパソコンの前に張り付いてものすごい計算式を使って分析しているようなイメージがありますが実は学生時代勉強をしてこなかった私でも出来ます。

ただし当たるか外れるかは2分1です。いくら考えても適当にやっても同じ2分の1です。努力は多分関係ない気がします。

私は毎日投資専門の報道番組しかみません。通勤中はラジオ日経、帰宅後の自由な時間はネットやスカパーの経済専門チャンネル。勉強する気はないのですが面白いので趣味として楽しんでいます。その番組の中で未来の為替がどうなるかはっきりと言う人はほとんどいません。みんなものすごく頭のいい人ばかりですが明日円安になるとか円高になるとか誰も言いません。

つまり投資で勝つのに知識はほとんど関係ないです。ただし投資を始めると色々なことを自分で調べたり経済誌を買って読んだり、専門チャンネルを見たりと自然と興味がわいてきて結果的に知識が後からついてきます。

一番良くないのが自分は経済のことなんてわからないから投資をしないとか、投資はお金持ちのすることだとか、自分には敷居が高いとか、投資は絶対にまけるとか、経験する前から決めつけてしまうことだと思います。

私は投資、経済、釣りなどについて情報発信をしたくてこの「貧乏FX投資家の趣味と副業のブログ」を書いていますが実はものすごいド素人です。経済なんてよくわからんし釣りも下手だし。でも恥ずかしがるのは実に損です。

大体周りの人間は私が思っているほど私に興味がありません。自分で恥ずかしがっていても実は全然周りは気にしていないことの方が多いです。

少しでも投資や釣りに興味をもったらやらなければ損です。みんな最初は初心者なのでまずは始めることが大事。今からネットで証券会社の口座を開いて、週末は釣具屋へ行って店員さんに初心者ですと伝えて釣り具を買いましょう。

そうすれば月曜日から日曜日まで24時間毎日楽しい日々が始まります。