オッサンに大チャンス

みなさんこんばんは。ツトメンです。

今日も変なタイトルですが全国のオッサンの方が得できる事があります。ツトメンもオッサンですがこれは一つの例えですが答えから言うと「新しい事にtryする事」です。

さすがにこれではちょっとわかりにくいのでもう少し分かり易く記事を書いていきたいと思います。

固定概念を打ち破ったときに付加価値が発生する

私個人は年齢、性別、国籍、学歴、先輩、後輩、家庭環境などは全く関係無く人と関わります。自分より年上、年下とか関係無く仕事しますが皆さんはどうでしょうか。

「若いのにこいつ生意気だ」「このオッサン威張ってばっかり」「新人の分際で生意気なこと言うな」、、、、など大体どこの職場でもこんな文句や愚痴を言っていると思います。

これらの文句が出てくる理由は日本人によくある「○○はこうあるべき」と考える人が多いからです。これがひどくなるとモラハラに進化します。

「○○はこうあるべき」は大チャンス

でもこれは考えようによっては大チャンスです。例えばその辺を歩いているオッサン(オッサンの枠はかなり広いので私なりの解釈です。今回は68歳くらい、完全に諦めている感じのオッサン)が実は英会話を勉強していて3年後くらいに世界一周旅行の夢を叶えるために日々仕事とバイトでお金を貯めているとしたらちょっと意外で応援したくなります。

でも同じ事を二十歳くらいのねーちゃんがしていたら普通です。一応応援するけど。

ギャップがデカくなるほどチャンスあり

つまり人間は年齢や性別や職業や見た目などで無意識のうちにその人の「あるべき姿」を決めています。

若い人は夢を追って挑戦し続けるのが良い、その逆でオッサンは現実を見て挑戦をしないのが普通でしょうか。

でもそのギャップがデカくなったときほどチャンスです。絶対に勝てないと思っていたラグビー日本代表がアイルランドに勝った時はスポーツの知識ゼロの私でさえ涙を流しました。駄目そうな奴、負けそうな奴、不良、オッサンが挑戦している姿の方が意外性が高く希少価値があります。

オッサン全員YouTuber

インターネットビジネスの代表格のYouTuberは若者が大活躍していますがこれはオッサンにとっては希少価値が高くなるので大チャンスです。

その一人が私です。オッサンとしてはまだヒヨッコですが私より歳が上になればなるほどチャンスは多いです。何故ならライバルが少ない上に意外性が高いからです。

全国のオッサンよ今こそスマホ一つでビッグドリームを自らの手でつかみ取る時です。悩んでいる時間があったらtryです!