健康食品は自分で食べるより投資した方が健康になる。

みなさんこんにちは。ツトメンです。また変なタイトルですがそのまんまの内容です。あくまでも私個人の持論ですのであまり深く考えずに読んで下さい。健康食品ファンの方は気分を害されるかもしれないので自己責任で読んで下さい。

皆さんは普段健康食品を食べていますか?私は食べません。身体に悪い物ではないので無料で誰かにもらった場合は食べます。

健康食品を食べても病気は治らない

以前私は運送関係の仕事をしていたことがありますがよく健康食品の配達もすることがありました。

実際に健康食品を配達するとその多くの客は高齢者が多く、見るからにどこか具合が悪い方が多いです。おそらく年金だけの収入で経済的にも苦しい状況がうかがえます。

大事な年金の中から毎月2~3千円程度の健康食品を買っています。それが何種類かあるので毎月1万円近くは健康食品に使っているのではないのでしょうか。

人間人それぞれ膝が痛い、肝臓が悪い、視力が低下、等の悩みがありますが健康食品を好んで購入される方は薬と勘違いして購入している人が多いと感じています。

昼間テレビで健康食品の宣伝を見ると、膝が痛かった人が健康食品を食べて元気になって歩く姿などをよく見かけますが、ビタミンBがどうのこうの、レモン30個分がどうのこうの、などの文句を繰り返しているだけで具体的にどうなるとは言っていません。

健康食品を食べて病気は治りません。どこにもそんなことは書いてありません。テレビでおじいさんが元気に歩き回る映像は健康食品の効果とは何の関係もありません。

何故なら健康食品は薬では無く食品だから。

食品なので食べて栄養を摂取して悪い物ではありませんが薬ではないので怪我や病気にすぐに効果を発揮する物ではありません。

ものすごく健康な人が普段の食事で足りていない栄養分などを補う補助的なものです。ですが健康食品を好んで購入される方には怪我や病気を治そうとおもって高いお金を払って健康食品を大量に購入される方がいます。

何の為に国に健康保険を支払っているのでしょうか。

自動で定期的に送られてくる。

そして健康食品の最大の特徴は毎月定期的に自動で商品が送られてくることです。健康食品を食べて病気は治らないので健康食品を食べ続けます。しかも勝手に毎月送られてきます。

高齢者の中には断り方がわからずに数十年も購入し続けている人も沢山います。特別な高額商品でもないので毎月払うことが出来ます。

今後も成長を続ける

ここまで何だか健康食品の悪口を書いているようですが違います。日本は高齢化社会で今後もどんどん高齢者の数は増えていきます。つまりこれからどんどんと健康食品の消費量は増加を見込めると言うことです。

つまり投資のチャンスです。健康食品は買うのでは無く投資するのが一番の賢い選択では無いでしょうか。

月に1万、年間で12万を健康食品に使うのでは無く全て健康食品会社への投資をするのです。そして儲かったお金でおいしい物を食べたり薬局へ行って薬を買ったりしたほうがよっぽど健康になるのではないでしょうか。

これは消費者も企業も投資家も全員にメリットがあります。もし現在健康食品を毎月購入している方がいたら健康食品は食べるより投資した方がメリットが沢山あるのでぜひ考えてみて下さい!