セブンのコーヒーを超絶おいしくする方法

みなさんこんばんは。ツトメンです。

数年前から登場したセブンイレブンや各コンビニの焙煎コーヒーですがたった100円で豆から挽いた本格的なおいしいコーヒーを24時間いつでもおいしく気軽に飲むことが出来る夢の様なシステムです。

私も発売当時はこんなにおいしいコーヒーがたった100円で飲める事に驚き毎日3,4杯位飲んでいました。今では3ヶ月に一杯くらいしか飲みませんが。

そんなおいしくて安くていつでも飲めるコーヒーをもっとおいしくする方法があります。

多分私のブログを今まで読んでくれている方はわかると思いますが答えは「セブンのコーヒーより不味いコーヒーを毎日飲む事」です。うまいじゃなくてマズイです。

人は変化によって喜怒哀楽を感じる。

どんなに毎日おいしいコーヒーでも毎日飲んでいたら習慣化してしまい最初の感動を忘れてしまい普通のコーヒーになってしまいます。

でもこれは不味いコーヒーでも同じで毎日に飲んでいたら普通のコーヒーになります。

その人間の性質を利用して毎日安くて不味いコーヒーを携帯タンブラーに淹れて持ち歩けばそれが普通になります。そこで数ヶ月に一度一杯100円の超高級豆から挽いたおいしいコーヒーを飲めばそのおいしさは普段の数倍にも感じることが出来ます。

コーヒーに期待するのでは無く自分自身の感受性を高める。

一杯100円でも3杯で300円4杯で400円

因みに毎日セブンのコーヒーを4杯飲んだら年間146,000円です。結構すごい金額です。しつこいけど毎日4杯飲んだら1年間で14万6千円です。

塵も積もれば山となるとはよく言った物でたった100円でも積み重なれば相当な金額です。田舎なら軽く一ヶ月の給料の手取り分位になります。

そんなおいしいコーヒーを無理なく節約出来る方法がこの「セブンのコーヒーより不味いコーヒーを毎日飲む事」です。

努力はいらない。保冷タンブラーを持ち歩くだけ

この「セブンのコーヒーを超絶おいしくする方法」のすごいところは努力が全く必要ないことです。

ただ初期費用としては携帯タンブラーを購入するのに2,000円位必要なのと自分の好きなインスタントやドリップのコーヒーを買うだけです。すぐに元が取れます。

最初は仕事などで外へ出かける際にタンブラーへコーヒーを注ぐのがちょっと面倒だど感じるかもしれませんがすぐ慣れます。

しばらく続けているうちにタンブラーへコーヒーを注ぐ際に400円くらい儲けていると感じます。そうなったら気がつくはずです。

本当においしいのは不味いコーヒー

そうなんです。実は本当においしいコーヒーは不味いコーヒーです。確実に味とコストから考えたらおいしいのは不味いコーヒーです。

でも間違いなく毎日不味いコーヒーを飲めばセブンのコーヒーは超絶おいしくなります。

自分の感度を上げることによって味覚もお金の価値も簡単に上げることが出来ます。慣れは自分にとって良くも悪くもなります。せっかくなら良い方に利用しましょう。

これはコーヒーに限らずにあらゆる事、物、環境にも同じ事がいえます。

ぜひ毎日セブンのコーヒーを飲んでいる方は一度実践してみて下さい。