失敗から学ぶ。YouTubeやるなら動画編集の練習を事前に練習してといた方がいいです。

こんばんは。ツトメンです。

先日から始めたYouTube動画事業ですが何とか3回の動画アップロードに成功しました。

1回の動画ごとに編集の技術を覚えている最中ですが今回は動画の無駄な部分をカットする事が目的です。動画はこちら。今回は無事にカット編集することに成功しましたが実は先週も同じ事に挑戦しましたが出来ませんでした。

理由は編集の仕方がわからなくて時間が無くなりアップロードを断念したからです。

今日は朝から挑戦したためにゆっくり編集作業に時間を掛けることができたために動画のカットに成功して無事アップロードできました。出来ればブログ最後まで読んでからみたください。https://youtu.be/ELb2tS3ecmM

少しでもYouTubeをやりたいと考えているなら先に動画編集の練習をしておいた方がいいです。

今現在3回のアップロードに成功しておりますが、今のところ一番大変なのは編集作業だと言うことがわかりました。

私の好きなYouTuberの方達はほとんどが編集ほぼ無しで動画を作っている方が多いです。とにかく話の中身が勉強になる事ばかりで話し方のテンポも良く聞いているとあっという間に終わってしまいます。

まだ始めたばかりの私のような初心者は話しのテンポも内容もひどいもんなので無駄な部分をカットしなければいけないので実はプロより素人の方が動画の編集作業が必要かもしれません。

しかし事前に編集の練習をしていないと動画を撮るのに精一杯、そして編集するのに精一杯。これでは動画をアップロードするのはかなり困難です。途中で諦めてしまうかもしれません。

逆に言えば簡単な動画編集のスキルがあればそれだけ楽に動画のアップロードができます。

編集は繋げる、切る、文字を入れる程度で十分です。

最初はこれだけで十分です。私はまだ文字を入れる事には挑戦できていませんが現在繋げる、切る、までは出来ました。

勿論これから技術の向上はしていきたいですが最初はこれだけ出来れば何とかアップロード出来そうです。

作る動画のジャンルにもよりますが重要なのは中身なので編集は最低限のことができれば良いと考えています。

最初より緊張もしなくなって多少は話し方も上手くなったと思います。そんなコメントが来ると嬉しいですが。

YouTube動画に興味があっても無くてもこれから先動画編集の需要は高まる一方なので事前に少しでも練習しておくことをおすすめします。

何事も段取りが重要。

動画編集に限らず全てのことには段取りが重要です。備えあれば憂い無し。昔の人は良いことを言います。

インターネットビジネスで必要だと感じたことはこれから先このブログや動画で皆さんにお伝えしていきたいと思います。今回はYouTube動画撮影で実際に自分自身が挑戦してわかったことを記事にしました。

日々失敗の毎日ですが今後もその模様をお伝えしていきますのでよろしくお願いいたします。