最強の投資は複利投資

みなさんこんばんは。そろそろ貧乏キャラを変えようと思っている貧乏FX投資家ツトメンです。

投資家の誰もが知っているアメリカのスーパー投資家ウォーレンバフェットという偉大な投資家がいますが、彼の投資方法は価値のある企業の株価が安いときに買ってそのまま売らずに持ち続ける方法です。

株を持っていると必ずでは無いですが定期的に配当(インカムゲイン)が入ってきます。バフェットはその配当金を更に投資に回してそれを繰り返してどんどん資産を増やしていった世界最強の投資家です。

何だか簡単な様ですが実際にバフェットさんのように長期で複利投資を続けるのはかなり難しいです。

そもそも株を安い時に買うこと自体が出来ません。誰もが株を買うときは「今が底、これから株価上昇するぞ!」と思って買いますが大抵思うように行きません。今回は株価の変動は忘れて考えてみました。

複利のすごさを株式投資で表すと

かなり雑な計算ですが例えばこんな感じです。細かいツッコミは無しで!

日産自動車の株(約720円位)1000株、配当金は一株40円で1年間保有したらこんな感じです。一応株価は変わらなかったとして。

1年目は投資資金は株価720円×1000株=720,000円位  そこに配当金40円×1,000株=40,000円    合計すると760,000円です。

2年目はそのまま配当金が40,000円増えて800,000円になっとします。

そして3年目!  ここから複利投資のすごさが出てきます!これまでの配当金80,000円で更に100株買い増しするのです。そうすると(株価720円×1,100株)+(配当44,000円+余り8,000円)=844,000円です。  

最初は720,000円だったのが3年で844,000円(124,000円増)約11%増えている計算です!これはすごい!

これを複利では無くただ毎年元の投資資金に対し配当金をもらうだけだと3年で120,000円増えます。これでもすごい数字ですが複利運用にした場合は続ければ続けるほどすさまじい勢いで増えていきます!

もう少しわかりやすく。

株式の数量とか考えずにもう少しわかりやすくしてみます。仮に日産の配当利回りが約5%なので「10,000円を5%の利回りで5年間複利で運用」したとします。

複利の場合は   10,000円×(1+0.05)⁵乗=12,763円位       

単利の場合は   10,000円+10,000円×0.05×5年=12,500円

その差は約264円ですが1万円に対しての264円ですのでかなりの割合です。

銀行にお金を預けても増えない。

誰でも知っていると思いますが今近所の銀行へ行って仮に100万円預けたとして1年後にいくら増えるかというと10円以下です。

うっかり休みの日にATMでお金をおろせば手数料216円取られます。ばかばかしい。

今年間に5%も現金が増やせる金融商品は株式、為替などの投資位しかないのではないでしょうか。

もちろんリスクはそれなりにありますが、せっかく稼いだお金を銀行に眠らせておいても増えないです。

だからといってリスクの高い金融商品への投資をすすめるつもりはありませんが、これからの時代お金は貯めていても増えないことは世界中の通貨の金利低下の流れからいってもほぼ間違いないと私は思います。