無愛想なラーメン店、個性が無いラーメン店。

皆さんこんばんは。貧乏FX投資家のツトメンです。

今日もブログを書こうと思いましたがいよいよネタが尽きてきて書くことが無かったので昨日書いた自分の記事「ブログを毎日書くコツ」を読みました。

感想は、、、、、(~_~;) まぁそれなりに参考になると思います。

今日も1日中ブログのネタになる事を考えていましたが今日は自分の記事に対してあることに気がつきました。

私の記事はほぼ毎日更新しているけど内容はプロダクトアウトが多い事です。

マーケットイン・プロダクトアウト

前者は世の中の人が必要としている物を作る事、後者は自分が良いと思う物を「どやっ」と作る事です。

どちらが優れているとかでは無くそれぞれに長所、短所があります。

ちなみに今あなたは自分が消費者か製造者どちらの目線でこの記事を読んでいたでしょうか。

ブログの記事を書く事に関しては圧倒的にプロダクトアウトの考えの方が毎日更新するのには有利です。

自分の思ったことを何でもいいから記事にすれば良いのです。私の自慢のブログ「貧乏FX投資家の趣味と副業のブログ」はまさしくそうです。

日記や映画や小説に近い感覚でしょうか。今後も節目の100記事まではこのままのスタイルで続けていくつもりです。

今日自分のブログがプロダクトアウトの作りだと本業の仕事の最中に気がついたのですが、今後「貧乏FX投資家の趣味と副業のブログ」を事業として運営していくつもりの私としては利益を出していかなければなりません。

そのためには沢山の人が読んでくれる記事を書かないといけないわけですが、強者ブロガーや私自身が何度も見る記事に共通している事があります。

それは困ったことや知りたいこと等に関しての情報が多い事です。これはマーケットインで作られた記事です。こちらは資料に近い感覚です。

実際に私もブログをゼロから始める際には「ヒトデブログ」さんの記事を何度も何度も繰り返し見ながらブログの開設に至りました。

こちらが欲しいブログの作り方の情報が書いてあるのでグーグルなどで検索して見に行きます。

私のブログの場合はあまりグーグルでの検索はありません。調べたい情報としての記事は今のところ必要とされていない状況です。

ただしこのマーケットインで作る記事は本当に時間が掛かります。あと見る側の人にわかりやすく有益な情報を提示しないと誰もみてくれません。

が、良質な記事を書いた場合は情報を必要としている沢山の人が何度も見てくれる可能性があるために収益を生む可能性とその後の資産としての価値がこれまで以上に高くなります。

今後の事業の構想が膨らんできました。

「貧乏FX投資家の趣味と副業のブログ」は私の日記としての読み物として今後も続けて、新たに副業、釣り、投資を始めたい人に対してのわかりやすい資料としてのサイトの立ち上げなどが頭の中に浮かんでおります。

そんなことを考えていたら今日の変なタイトルのオチが完全に頭の中から吹っ飛んでしまいました。