無線LANの電波を自宅の離れへ 第5話

先週の「無線LANの電波を自宅の離れへ 第4話」でひとまず自宅の離れへ電波が届いたのですが、その後天気が良くない日が続きました。

無線LANルーター親機(電波を飛ばす方)をおいてある私の部屋は雨が降って来ると窓を閉めますが、どうやら窓を閉めると電波の力も少し弱くなるようです。壁に比べれば影響力は低いですが更に雨が降るとインターネットにつなげてホームページを見るのは少々厳しい事が解りました。

しかも今は夏なので窓を開けていることが多いですが、私の住んでいる長野県は冬は恐ろしいほど寒いです。ちなみにブログを書いている現在も寒くて長袖を羽織っております。

窓を閉めて天気が悪い状況でも何としても自宅の離れへ無線LANの電波を安定してとどけたいです。まだまだ改善の余地はあります。

これは電波を飛ばしそうなアイテムです。しかも低コスト

まずは手軽な物からです。写真を見てもらえれば解りますがよく天ぷらを揚げたりするのに使うアレです。

ネットで調べましたがどうやら飛距離が伸びる事を確認した人が実際にいました。私と同じ事を考えている人が居て嬉しかったです。

結果は気持ち前より良くなった様な気がする程度です。微妙です。風が吹くと音がうるさくて大変です。あと貧乏臭さが漂っています。というよりますます貧乏FX投資家に磨きがかかります。

まあこれはこれで現状維持をして、もう少しアルミホイルを丸くしたり、大きくしたりまだ研究は継続していきます。

無線LANルーターや中継器の設置場所は色々試しましたがやはり天気によって変わってしまうのでもっと根本的な対応策が必要です。

強力な無線LANルーター、中継器の購入はしましたがまだ何かがあるはずです。必死に考えたりネットで調べたりしました。もちろん人に迷惑が掛かることは駄目です。貧乏なので新たに回線の契約はしたくありません。絶対に何かあるはず!

知恵を絞り、新たなる作戦を計画

ちょっとお金が掛かりますが、色々調べた結果思い浮かびました。これは期待できそうです。

早速新アイテムの注文を済ませました。届くまで時間が掛かるので結果はもう少し先になりそうですがこの「無線LANの電波を自宅の離れへ」シリーズも次回でついに最終回になりそうです。

投資もブログも無線LANも諦めなければ何とか夢を実現出来る事をこのブログを通して証明してみせます。